FC2ブログ

記事一覧

ある夏の日の午後2

大岩を巻き上がると、真夏の真っ青な空がそこにはあった。お天道様は真っ赤な顔で私を睨みつける。もくもくとした入道雲は荒々しいが、お天道様からは守ってくれそうにない。アブたちはよく来たとばかりに私をしつこく迎える。蝉たちは私に関係なく鳴き続ける。暑すぎて泣きたいのは私の方だ。沢水を一杯のみ、もう勘弁してくれよと呟く。お天道様が一瞬笑った気がした。...

続きを読む

ある夏の日の午後

イワナは釣れるだけ釣った。太陽は憎らしいほど私を照りつけ、ヒグラシの声はこれでもかというくらい今日という日を叫んでいる。クソ暑い。枝沢から水をくみ、それを一気に飲む。最高に旨い。一瞬さわやかな風が顔をかすめる。幸せだなぁと感じる。経験で得た幸せは一生心に残る。対してお金で買った幸せはお金が無くなれば消えてしまう。本当の幸せとは一体何なのだろう。そんなことを考えながら、今日も背中のイワナとともに家路...

続きを読む

プロフィール

白子森造

Author:白子森造
FC2ブログへようこそ!