FC2ブログ

記事一覧

H28.07.30_大又川で戯れる

どうも!

先週はバテバテの登山。

体調不良が続いているとはいえ何とも情けないもんです。

今週は同じ過ちを犯さぬよう、大又川に行く!と最初から決めておりました。

私どものホームグラウンドになりつつある、この大又川。一時期釣れない時期もありましたが、大分回復してきて、週末には県外ナンバーの車も見かけるほどになりました。

今日は林道沿いに車が3台。うち1台からは4人の釣り人が出てきましたので、ほか2台に2人ずつ乗っていたら先行者は8人ほどになります。我々2人を含めると10人。なかなかの激戦です。

釣る場所が重なってはいけませんので、一番上流のパーティーの結構上から入渓します。

まぁ、ここは釣れないということはないので、普通に簡単に釣れます!



模様から、かなり大きくなりそうなイワナくん。基本今回はリリースかと思いましたが、まあまあのサイズなので、キープします。

今年は雪が少なかったせいか、やせたイワナが多かったんですよ。

春には、体長は尺ぐらいあるのに、サンマみたいな細いイワナが複数釣れ、今年は一体どうなってしまうんだろうと思っていましたが、イワナが水棲昆虫なんかを食べ始め、夏になり、大分普通のイワナが釣れるようになってきました。

正直、今日はキープはあまりいないんだろうな…と思っていたんですが、大又川のイワナはなかなかのもんです。

例年のいいときに比べればまだまだですが、私にはこれで十分です。

最近はなんだか釣ってやるぞ!というより、イワナに遊んでもらってるという感覚が強いんですね。

遊び相手を胃袋の中に入れたりもしますが(笑)

今日はゆっくり釣りあがります。

どうやらこの先は先行者も後行者もいないようですから、もう大自然を貸し切り状態です。

一昔前なら、後行者に追いつかれてはイカン!ということで、歩きながらおにぎりを頬張る先達もいたようですが、我々はこうです。



沢水を沸かして食べるカップラーメンの旨いこと!

そこらのラーメン屋さん真っ青です(笑)

さてさて、今日の秋田市内は気温32度。ここも大分市街地から離れているとはいえ、歩くと暑いです。



でもね、水温は15度弱。身体が火照ってきたらいつでも水風呂に入ることができます。

これが登山とは違って気持ちいところ。

ただ、文科省のカキモノによると、プールの推奨水温は23度。15度じゃちょっと低すぎますわな。

それでも、この天然のプールがあるとないじゃ気持ち的に大違い。

水分をたっぷり摂りながら、イワナと遊んでもらいます。



たっぷり遊んだなぁ。二人して餌がなくなるまで釣りあがりました。



少しばかり山の恵みをいただいて、帰路につきます。



日が少し傾いてきて、ちょっと涼しくなってきました。

え、クマですか?痕跡はたっぷりありましたよ。お食事中の方もいらっしゃると思いますので画像は自粛します(笑)

世間ではクマの目撃情報が多数ありますが、私はまだ見ておりません。昨年はこの時期にもう2回見ていますので、私的には今年はクマは少ないですな。

でも注意は必要です。詳しくは7月25日発売の月刊つり人9月号を見てください!私の源流の師匠が4ページに渡りクマに関する注意点等を書いております。



こんなお友達もいました。毒蛇ヤマカガシなんですが、近づいても大人しいんですよね。我々が静かに撮影を始めると恥ずかしがって、岩に顔を隠してしまいました。シャイなヤツめ!

という感じで今日はこれにて終了!温泉に入り、夕ご飯を食べます。

家に着いたのは、朝家を出てから約12時間後。

疲れましたが大満足!数週間分の釣りに行けないモヤモヤが解消されました!

来週はどこいこっかな?

最後にツリフネソウ。ソフトフォーカスもいい感じでしょ?



ではまた!

スポンサーサイト



コメント

No title

お疲れ様っす。

うだるような暑さの中の釣行にナイスです。


エアコン漬けの闇金でしたw

No title

> 闇金ウシジマさん
ありがとうございます。
下界よりは大分涼しかったですが、それでも暑かったです。
家に帰ってからはもちろんエアコン全快です(笑)

No title

充実の釣り、良かったですね。
釣果もなかなか。
確かに大満足っぱいです。(笑)
私も遊び相手を胃袋に入れちゃう派
なので、笑ってしまいました。
せんばは8月の渓流釣りはしないので、
次回は9月の渓流最終戦ですね。

No title

> せんばさん
せんばさんもお友達を胃袋に入れちゃうんですね。二人で一つになって、よりお友達感が増しますよね(笑)
私は9月下旬はキノコですので、9月上旬まで渓流を楽しみたいと思います。
お互いお友達と思う存分楽しみましょう!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白子森造

Author:白子森造
FC2ブログへようこそ!